FC2ブログ

巷は黄金週と羨ましい限りの中、なんだかんだと、引っ越しなどの作業と重なり多忙を極めておりましたが、ひとまず落ち着いたところで、ひたすら巷と反比例するかのごとく描いております…。


そんな中、家に一つの配達物が届きました。

その中には、貴重な牙狼グッズと共に、先日4月6日「韮沢靖さんを偲ぶ会」の関係者用に配布された冊子が入っておりました。

16_05_02_韮沢靖





このようなお仕事をさせて頂いている中で、韮沢さんとは一度もお目にかかることが出来なかったため、面識のない僕が参列することにより、関係者の皆様にご迷惑をお掛けしないだろうかと思いまして、出席は控えさせて頂いたのですが、この世界を夢見たきっかけは韮沢さんの影響も多大にあることは事実なので、どこか気になって仕方のない部分と、参列しないことの申し訳のない気持ちが常に交差し、後悔先に絶たずの日々を過ごしていました。



ですが、そんな僕の心境を悟っていたかのように、いつも僕のことを気に留めて頂けている師匠様(勝手に師匠と呼ばせてもらってます…。)からこの冊子を届けて頂きました。

封を開封した瞬間、師匠様に対して本当に有難い気持ちに包まれたのと同時に、韮沢さんがもうこの世にいないことを実感させられた瞬間でもありました…。

このお仕事に復帰して、いつかは韮沢さんにお会いすることを目標の一つに頑張っていたのですが、夢は夢のままでで終わってしまいました…。



冊子は作品集になっておりまして、とても贅沢な構成となっている中、終盤のページの韮沢さんの笑顔の写真は、氏の生み出したクリーチャー群とは真逆の素敵な天使の微笑みに見えました。

16_05_02_02韮沢靖





この世界ではまだまだひよっこの分際で、同じ牙狼のホラーデザインをさせて頂くことになり、向こうでは「おいおい、ホラーはそうじゃないんだよ!」とお叱りを受けるかもしれませんが、少しでも韮沢さんが喜んでくれて、認めてもらえるデザインが制作できるよう、今後も精進あるのみで参りたいと思います。


最後に、本当に会いたかったです!ありがとうございました!



ブログランキングに参加中!
にほんブログ村 イラストブログ 描き方・技法へ

オフィシャルサイト:「MONSTER'S ART」
モンスターズアート、イラスト

関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

我獣画報:40〜41『アスモデウス & ジャンク』

「ザ・インフィルトレイター」

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)