FC2ブログ


気がつけば、新年からというか昨年から休んでいない…。

プライベートの作業も含めると、量は一向に減っていない…。
減るどころか増えている…。

早く片付けて粘土でもいじりながら少しばかり至福の一時を過ごしたいなとも思いまする。



さて、突然ではございますが、ドラゴンボールが30周年ということで、悟空の表紙の書籍関連を良く目にする気がします。


幼少期、熱心に模写をしていた頃に比べれば、鳥山明先生の世界からは卒業している自覚があったのですが、やはり書店に陳列されている悟空のイラストを見るとについつい引きつけられて購入してしまう自分がいる…。


これはやはり、先生のセンスが未だに衰えていない証拠でもあるのだなと実感しながら、先生の絵から何気に卒業できていない自分にも驚く!





16_02_02_01




この本は、「ジャンプ流」と言いまして、NHKで放送していた『浦沢直樹の漫勉』に出演された作家人を集英社の作家さんに置き変えたような商品。



鳥山先生の貴重な肉声での説明などもあり、かなり豪華な仕上がりとなっていて満足の一品!



贅沢を言うと、書き下ろしでの映像が観たかったなと思うけど、今はデジタルに移行されているので、このアナログ時代の映像もかなり貴重ではあります。


この表紙、何気にいつも見る悟空なのですが、この本の横に、他の先生の同書籍もあり、その方の絵と比べると、鳥山先生のイラストには計算された躍動感があり、改めて絵の奥深さを勉強させられ、初心に返れた様な気がします。


後は、桂正和先生、小畑健先生、荒木飛呂彦先生の発売日が楽しみ。
気付けばアナログ制作の方ばかり!


後の方はって?
とりあえずスルー…。



もう一冊は、『30th ANNIVERSARY ドラゴンボール 超史集─SUPER HISTORY BOOK─



16_02_02_02




こちらは、さらっと見ましたが、ドラゴンボールの歴史をかなり深く掘り返したような書籍だったため、また環境が落ち着いたらゆっくり拝見したいと思う一冊!


鳥山先生とは絵の土壌は違いますが、アナログを経験されている先生のお言葉は一言一言が心に強く響くお言葉なので、絵を仕事にすると決心しておられる方々にはオススメの書籍ですぞ!




と、書籍の紹介でした。

さて、今週は我獣画報からです。

今日は、『ロールプレイング風キャラクター』からです。
少し、クリーチャー枠から外れるのですが…。



monsters_34



monsters_35




この頃は、少し生き方に迷走気味の時代…。


怪物ばかり描いていただけに、人は描けるのかと自問自答した中で、それならロープレに登場しそうなキャラを題材にと、まずは勇者と姫っぽいのを描いたのを覚えています。


で、ゲームのキャラクターデザイナーなどにも憧れており、売り込み用に描いたデザイン画だったような気がします。


皆様のお気持ちと同じく、こんなキャラクターでゲームデザイナーになんてなれるわけがないと、今は反省できる子になっております…。


この時代のデザイン画を見ていると、一つの線にも責任を持って描かなければと、改めて自分に言い聞かす今日この頃でございます…。



ブログランキングに参加中!
にほんブログ村 イラストブログ 描き方・技法へ

オフィシャルサイト:「MONSTER'S ART」
モンスターズアート、イラスト


関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

驚愕…。

自我駄作集:Vol.02

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)