上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


今日は少しばかり、興奮冷めぬ前に近況。

まずは、有り難いことに、何故こんな田舎に?
と、不思議な気持ちを抱きながらも足を運んだ

スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン。



15_10_26_01




行かない理由は当然ないので、人の少ない日を見計らって観覧。



15_10_26_02




入り口直ぐに、スターウォーズの原点ともなる「フラッシュ・ゴードン」の紹介から拝める構成になっておりました。

作品を知らない初見の方でも、その歴史が詳しく分かる作りになっており、改めて歴史の長さを実感します。

順路が各々のキャラクターや世界観別で構成されており、そんな中でも、やはり見所はスーツや小道具!

少しレプリカが多いのが気にもなるのですが、「ダース・ベイダー」や「サンドトルーパー」は、撮影で使用したスーツでしたので、なめ回すように拝見。

ベイダーのマントめくりてぇ~…(ダメですよ!)



下記のイラスト類は、スター・ウォーズ展とは全く関係ありません。
僕が昔に描いた落書きですので、悪しからず。






イウォーク」も撮影で使用したスーツでしたが、思っていたよりも大きくて驚きました!

C-3PO」と「R2-D2」の名コンビも、撮影で使用したスーツで、その使用感が目の前で拝見できるのは、人生においてこれが最後だと思いますので、側面や背面も慎重に拝んでおきました。



15_10_26_16




その他にも、様々なイメージボードやアーティストによるアート類は、絵を描く自分にとってはあまりにも衝撃が強すぎて、挫折感する味合う程の素晴らしい作品群が勢ぞろいです!

そんな中でも、あのアレックス・ロスの原画を目の前で拝見できたのは、失禁ものでした。

以外にあの柔らかいタッチでアクリル画だったことに驚き!

スターウォーズに興味が無くとも、絵を志す人は一見の価値ありですよ!



15_10_26_17




そして、会場を出ると、このお二方が凛々しくお出迎えしてくれていました。

サンドトルーパー
この出で立ち、やはり興奮します。



15_10_26_03


15_10_26_04


15_10_26_06


15_10_26_05




でも、この投げやりなデス・スター…。
もう少し展示の仕方がないものかと、心の声がつぶやく…。



15_10_26_07




ダース・ベイダー」も貫禄十分な出で立ち!
日差しが邪魔だなと感じたのですが、インドア派な彼には、日が当たるシチュエーションも案外貴重?かもと思いながら撮影。





15_10_26_08


15_10_26_09

15_10_26_11


15_10_26_10




図録と手ぬぐいも記念に購入。


15_10_26_12





気付けば二時間以上も会場にいたことに驚き帰還。
潤った時間は、あっという間に過ぎ去るのだなと実感した今日この頃でした。



全く関係ありませんが、誰が決めたのか知りませんが、10月24日は「文鳥の日」だったようですね。

「手に(10=テンと2)幸せ(4)」と読む語呂合わせと、この時期に手乗り文鳥のヒナが出回ることに加え、「1024」の数字で、文鳥の姿をあらわせることなどから2005年3月15日に制定されたようです。


僕の相棒の「くじら君
くじらのように大きくなるよう命名した文鳥。


15_10_26_14




もう4年ぐらいの付き合いになりますが、とても甘えん坊で元気!

今後も末永くお友達として、仲良くしたいと思います!



ブログランキングに参加中!
にほんブログ村 イラストブログ 描き方・技法へ

オフィシャルサイト:「MONSTER'S ART」
モンスターズアート、イラスト


関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

我獣画報:24『ダンガーフィッシュ』

我獣画報:23『ストリング ミユータント』

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。