FC2ブログ


一週間があまりにの早さに駆けて行きます…。

そんな貴重な日々の中、着色して完成したデザインも、出来栄が気に入らなければ躊躇なく描き直します。

一歩進んで五歩は確実に後退…。


15_09_28_01




いったい何をしているのだろうと、自分の技術の乏しさにことごとく呆れます…。





先週は、癌という言葉を良く耳にした週でもありました。
病気と向き合う勇気、それはとてもとても計り知れない恐怖との闘いであると思います。


僕も、癌ではないのですが、医者から「君は死んでてもおかしくない状態だ」
「何故生きてるのかが不思議だ」と言われるぐらい危険な状態を経験したことがあるので、生と死の狭間で生きる感覚は、本当に計り知れないことだと理解できます。


それでも、癌と宣告された方の気持ちは、想像を上回るものだとお察しします…。


「がん」たったこの二文字で当人の人生や、周りの人生をも底辺に叩き落としてしまうことに腹立たしさを感じてしまいますが、この病気から何かを伝えて行く運命の人。自らの死で、周囲の人達に命の大切さを伝える運命の人。


悲しことですが、意味なく消える命や病気はないのだなと思う今日この頃。


15_09_28_02








さて、今週も我獣画報からです。

今回は、『トリック テイキング』からです。

monsters_21



褒めてるわけではないのですが、今でもこのテイストは気に入っているキャラクター。

遊戯を得意とする設定だったと思います。
後ろに転がる人形も、キャラクターの能力が分かるように描き添えた記憶があります。

でも、まだまだモチーフの落とし込みが甘い時代ですね…。

少し不気味さも漂うのですが、近年のヒーロー番組などでは、可愛らしさが増えてきているような気がするので、このような子供が怯えるようなテイストや、初代の戦隊のような要素も盛り込んでほしいなと、勝手な妄想を抱いております。


ブログランキングに参加中!
にほんブログ村 イラストブログ 描き方・技法へ

オフィシャルサイト:「MONSTER'S ART」
モンスターズアート、イラスト


関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

『牙狼〈GARO〉-GOLDSTORM- 翔』DVD-BOX

我獣画報:20『エレクトリックブラザーズ』

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)