FC2ブログ

まずは、こんな場所でと言いますか、社会にも馴染むことのできない自分が申すのもおこがましいのですが、オバマ大統領による広島訪問。


お恥ずかしいことに、作業に専念し過ぎることで、オバマ氏の訪問日もうろ覚えで、作業をしながら何気にニュースを観ていて訪問していることに気付て驚いたという始末…。


ですが、その17分間にも及ぶスピーチは、何故か作業の手が止まる程に引き込まれていました。


上手く言葉にするのは難しいのですが、今まで縛られていたものが解き放たれたような感覚というか、何かが変化したような、それとも何かが変化しようとしているのかと思う程、頭上から足先にかけて今までに感じたことのないような鳥肌を感じました。


「核無き世界」

「平和な世界」


そのような世界にするには、日々一人一人が身近な人との些細な争いを避け、思いやりや優しさを意識して生きて行くことが、未来の平和を担うのだろうと実感するのですが、平和から悪は育ち、悪から平和は育つという、矛盾や皮肉の中で苦しみ悩むことが人間の宿命だとすれば、これは人間にとって永遠の課題でもあるのかもしれないと思いますね…。

16_05_30_03_モルモット

ここで話は変わり、突然ですが先日師匠から頂いた牙狼グッズのご紹介!!



まずは、雨宮監督タッチの格好の良い、金色に光輝く


牙狼<GARO> マグネットエンブレム」!


磁石使用のため、車内の装飾や、お部屋のワンポイントなど幅広く使用できる使用になっております!

16_05_16_03_牙狼


16_05_16_02_牙狼

そして、こちらも貴重な商品。

EX合金 牙狼<GARO>~闇を照らす者~ 天弓騎士ガイ 魔導火

EX合金 牙狼<GARO>~闇を照らす者~ 炎刃騎士ゼン 魔導火

ついに、EX合金:魔導火シリーズに『天弓騎士ガイ&炎刃騎士ゼン 』をイメージしたスペシャルバージョンが登場!!

ずっしりと重みがあるダイキャスト製で、瞳部分が劇中同様に開閉。

根付部分は新規オリジナルデザインで竹谷氏考案・原型による使用。

魔導火内部を同梱のライターパーツに差し替える事によって、劇中での着火シーンを再現可能と目白押しの商品!

16_05_16_04_牙狼





上記の商品は下記で購入可能ですので、是非ともお手元にいかがですか?


FEWTURESHOPそして、お宝のザルバの刺繍が格好良いTシャツ!

刺繍が豪華すぎて、着てしまうと価値がさがるのではと躊躇してしまうぐらい、贅沢使用!



16_05_16_01_牙狼

最後に、6月2日に発売の『劇場版 媚空-ビクウ- [Blu-ray] 』のサンプル品がいち早く届いたので、こちらも紹介!


牙狼10周年記念作品!


雨宮慶太監督x秋元才加氏による珠玉のサスペンス・アクション!


あの劇場での興奮が、いち早く手元で堪能できることを本当に感謝しながら視聴!

[特殊内容/特典]

【初回限定特典】 ※初回特典は数量限定により、在庫がなくなり次第終了となります。

★豪華フォトカードセット
★スペシャル・コミック
★アウターケース

【封入特典】

★オリジナル・サウンドトラックCD(秋元才加が歌うエンディングテーマ「織月~光と闇の傍で~」も収録)
★特製ブックレット(24P)

【映像・音声特典】

★【秋元才加×須賀健太×大橋明監督】による音声コメンタリー
★撮影の舞台裏、キャストの素顔に迫る「Making of 媚空」
★監督&キャストがレッドカーペットに登場! 「第28回東京国際映画祭 舞台挨拶」
★5大都市を巡った「公開記念 舞台挨拶集」
★予告編集

と、特典もてんこ盛りの内容ですので、見逃したという方、特典に興味があるという皆様は是非とも買い逃しのないよう用チェックです!

16_05_30_01_牙狼


16_05_30_02_牙狼

何も絵のことが更新できていませんが、僕の絵の根源はこういう世界から生まれているので、必要枠な世界でもあるのですね!


では、今日はこの辺りで失礼させて頂きます…。



ブログランキングに参加中!
にほんブログ村 イラストブログ 描き方・技法へ

オフィシャルサイト:「MONSTER'S ART」
モンスターズアート、イラスト

スポンサーサイト

こちらの本「仮面ライダー 昭和」

16_05_23_仮面ライダー

表紙を見ているだけで、何かこみ上げるものがあります。

 ページ数は少ないものの、写真の美しさや当時の貴重な裏話は、読み応え十分の一冊!


現在でも継続している仮面ライダーなのですが、やっぱり仮面ライダーはこれだねと納得してしまうのは何故だろう?


昭和と平成は切り分けて考えた方が良いのか?
しかし、この昭和があるからこそ、平成も継続しているわけでもありまして…。



あまり深くは追求しない方が宜しい領域なのかもしれないのですね…。

 この本を見ていると、以前のように昭和ライダーのイラストを1号から順番に描きたくなる程、描き手の心を揺さぶる内容になっている今日この頃です。

16_05_23_02_仮面ライダー
16_05_23_03_仮面ライダー



ブログランキングに参加中!
にほんブログ村 イラストブログ 描き方・技法へ

オフィシャルサイト:「MONSTER'S ART」
モンスターズアート、イラスト

コピックのインク補充後に、ペン先から雫のようにインクが漏れ出てこの様…。

16_05_16_01_コピック

これは、コピックスケッチとチャオを使用する際によく起こる現象…。補充インクを少なめに入れると残量が保たず、多く入れると溢れ出る…。

案外コピックのあるあるなのかな?

どうにかなりませんかね?

なので、基本ベースで使用しているのは、未だにコピッククラシックを使用しております。



と、少し遅れ気味の作業を進行するため、今日はこの辺で失礼させて頂きます。



ブログランキングに参加中!
にほんブログ村 イラストブログ 描き方・技法へ

オフィシャルサイト:「MONSTER'S ART」
モンスターズアート、イラスト

相変わらず描いております。

そんな中、撮り溜めしている「機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096」の第一話を視聴。


OVAの方では未視聴な作品でしたので、今回が初見の作品。


やはりOVAの作品をTVシリーズの形に再編集しただけあり、その作りは久々にガンダムの世界に浸れる物となっておりまして、心地良さすら感じますね!



何よりも、モビルスーツの重量感を感じさせてくれる作画と、一コマ一コマのカメラワーク、人体の動き、細かい点にまで気が行き届いた制作には素晴らしいの一言!



近年のアニメは、カメラワークも平凡化し、平面絵も増えてきて、日本の誇れるアニメ文化は今後大丈夫なのかなという心配すらよぎっていたのですが、その心配を一気に跳ね飛ばしてくれる、日本が自信を持って誇れる作品になっております!(スタッフが最強だからかな?)

 絵を志す人間には、とても勉強になる作品なので、いろいろな方向から視聴すると何十回と視聴できそうな今日この頃。



とうことで、久々に過去の駄作「我獣画報」です。

 先日から、ロープレに登場しそうなキャラを題材にご紹介しているのですが、今回もその範囲で描いたキャラクター。

もう既に、どこがロープレのキャラなのかと今さらながら思う。


まずは、犬の設定で描いたキャラクター「アスモデウス」からです。

16_05_09_01_モンスターデザイン

何も言いたくないの一言なのですが、言うなら何の取り柄もないの一言。

 デザイン上、メインというか、キャラクターの目印になるような要素が必要なのですが、こいつは無です…。

 皆様、真似しないでくださいね。



続いては、ジャンク品をモチーフにして描いたキャラクター「ジャンク」です。

16_05_09_02_モンスターデザイン

形状は嫌いではない方向性なのですが、もう少しジャンク的な要素を細かく入れるべきだなと思いますが、名前の方が後付けの可能性もある時代なため、当時の自分に「最初にモチーフを決めてから筆を運べと」伝えたいですね。




今回も、質の悪い作品をお見せしまして、誠に申し訳ございませんでした。



ブログランキングに参加中!
にほんブログ村 イラストブログ 描き方・技法へ

オフィシャルサイト:「MONSTER'S ART」
モンスターズアート、イラスト

巷は黄金週と羨ましい限りの中、なんだかんだと、引っ越しなどの作業と重なり多忙を極めておりましたが、ひとまず落ち着いたところで、ひたすら巷と反比例するかのごとく描いております…。


そんな中、家に一つの配達物が届きました。

その中には、貴重な牙狼グッズと共に、先日4月6日「韮沢靖さんを偲ぶ会」の関係者用に配布された冊子が入っておりました。

16_05_02_韮沢靖





このようなお仕事をさせて頂いている中で、韮沢さんとは一度もお目にかかることが出来なかったため、面識のない僕が参列することにより、関係者の皆様にご迷惑をお掛けしないだろうかと思いまして、出席は控えさせて頂いたのですが、この世界を夢見たきっかけは韮沢さんの影響も多大にあることは事実なので、どこか気になって仕方のない部分と、参列しないことの申し訳のない気持ちが常に交差し、後悔先に絶たずの日々を過ごしていました。



ですが、そんな僕の心境を悟っていたかのように、いつも僕のことを気に留めて頂けている師匠様(勝手に師匠と呼ばせてもらってます…。)からこの冊子を届けて頂きました。

封を開封した瞬間、師匠様に対して本当に有難い気持ちに包まれたのと同時に、韮沢さんがもうこの世にいないことを実感させられた瞬間でもありました…。

このお仕事に復帰して、いつかは韮沢さんにお会いすることを目標の一つに頑張っていたのですが、夢は夢のままでで終わってしまいました…。



冊子は作品集になっておりまして、とても贅沢な構成となっている中、終盤のページの韮沢さんの笑顔の写真は、氏の生み出したクリーチャー群とは真逆の素敵な天使の微笑みに見えました。

16_05_02_02韮沢靖





この世界ではまだまだひよっこの分際で、同じ牙狼のホラーデザインをさせて頂くことになり、向こうでは「おいおい、ホラーはそうじゃないんだよ!」とお叱りを受けるかもしれませんが、少しでも韮沢さんが喜んでくれて、認めてもらえるデザインが制作できるよう、今後も精進あるのみで参りたいと思います。


最後に、本当に会いたかったです!ありがとうございました!



ブログランキングに参加中!
にほんブログ村 イラストブログ 描き方・技法へ

オフィシャルサイト:「MONSTER'S ART」
モンスターズアート、イラスト