FC2ブログ


先週から何も変わらず、なんだかんだで、作業量が減らないので、前進しているのか実感のないまま…。
でも、やっぱり描いている時間は本当に至福の時間なので感謝しながら前進目指して稼働中!




そんな中、作業をしながら1966年版「怪獣ブースカ」を流し観。
やはり昭和時代の作品はとても面白く、現代の作品には薄れてきている、キャラクターの立たせ方と、そのキャラクターを栄えさす脚本に大満足!

やはり、そのカテゴリーのみをしっかりと築こうとしている姿勢に感動が止まりません!

そして、そのなんとも言えない着ぐるみの愛くるしい動きの上に、高橋和枝さんの声が乗ることによって、これ以上にないブースカの存在感に可愛らしさを通り越し、職人芸を観せらている気持ちにもなりました。

近年の映像物はCG頼みが基本なため、どこか心に穴が空いた感覚を奇麗に埋めてくれるような作品で、清々しい気持ちにしてくれるブースカとチャメゴンでした。




16_02_29







さて、今週は我獣画報からです。

先日から、ロープレに登場しそうなキャラを題材に、ご紹介しているのですが、今回は味方でも敵でもないという中立の立場的の設定で描いたキャラクター「ルシフェル」からです。



monsters_37



monsters_38






あまり自分の過去を振り返ることをしないため、今見ると本当に恥ずかしさがにじみ出てくるデザインでございます…。

何故に二枚あるのかと申しますと、単純に一枚目が気に入らなかったから…。
で、描き直したのですが、これまた気に入らないという結果に着地したのを鮮明に覚えています…。

今ならもう少しまとも?に描けるのにと、思っているのですが、言うほど描いてみると進歩がない場合もあるので、その時は挫折感の渦からなんとか帰還してこようと思います…。

もう少し、闇を感じるデザインでも良いなと、10年程前の自分に反省ばかりの今日この頃…。



ブログランキングに参加中!
にほんブログ村 イラストブログ 描き方・技法へ

オフィシャルサイト:「MONSTER'S ART」
モンスターズアート、イラスト


スポンサーサイト


なんだかんだで、作業量が減らないので、前進しているのか実感がない中、描かせて頂けていることに本当に感謝しながら、今日もとにかく描いております。






ゆっくりと鑑賞したいDVDの山の一角。



16_01_22_01




この山の一角の中に、ティムバートン監督のスリーピーホロウがありますが、この頃のバートン監督の世界観というかアナログの映像美はかなり勉強になります。

ファンの方には申し訳ないのですが、現在はCGの導入がかなり目立ち、その良さを半減させてしまっているようにも感じますね…。

なんだか、僕の中では勿体ないという悲しさの渦が巻き起こっております。

結論、CGはその監督の独特の世界観を殺してしまうという証拠を見せつけられている様にも思う今日この頃…。






一緒に過ごしている小さな怪獣も元気です。




16_01_22_02




今週も少し雑記のみになり申し訳ございませんが、通常更新まで今暫くお待ち下さい…。



ブログランキングに参加中!
にほんブログ村 イラストブログ 描き方・技法へ

オフィシャルサイト:「MONSTER'S ART」
モンスターズアート、イラスト



今は、食事と睡眠以外は描いてばかりの日々。
描いても描いても、満足することのない技量…。

まぁ、どんなに足掻いても、人間は永遠に欲を求めて生きて行く生き物なので、永遠に満足するものなんて描けないのかもしれないですね 、、、。


と、短いですが雑記でした。

さて、今週は我獣画報からです。

先日、ロープレに登場しそうなキャラを題材に、まずは勇者と姫をご紹介『我獣画報:34~35『ロープレ風キャラ』』したのですが、今回は敵側の魔王という設定で、「サタン」からです。



monsters_36




今見ると、やはりデザインが内にこもってしまい、大人しいデザインに収まってしまっていますね…。

でも、方向性は今でも嫌いではないので、新たに練り直せば面白いキャラクターにはなるかもしれないなと思います。



ブログランキングに参加中!
にほんブログ村 イラストブログ 描き方・技法へ

オフィシャルサイト:「MONSTER'S ART」
モンスターズアート、イラスト



少し多忙。

勝手な理想ばかりが駆け巡る。

その一部を落書き。

駄目ですかねぇ 、、、。



16_02_09





ブログランキングに参加中!
にほんブログ村 イラストブログ 描き方・技法へ

オフィシャルサイト:「MONSTER'S ART」
モンスターズアート、イラスト



朝、記事を見て驚愕した。

まだデザイナーを夢見ていた幼い頃に、書店内に何気に置かれていた一冊の書籍に一目惚れ。

少ない小遣いをなんとか集めて買ったその本は、クリーチャー好きの方なら誰もが知る「クリーチャー・コア」でした。

その本は、以来、自分の世界観に多大なる影響をもたらしてくれる一冊となりました。


そんな自分の人生の道しるべをしてくれたお一人なだけに、一度はお会いしたかったのですが、その願いは叶うことはなく終わりました…。
憧れのデザイナーさんとしては、唯一お会い出来ていないお方でしたので、後悔ばかりが残ります。

まだまだこれからも素晴らしいデザインを見せてくれると思っていたのですが、本当に残念ですね…。


でも、生み出してくれた様々なキャラクターは、一生心の中で暴れています。


本当にありがとうございました。
感謝しております。


心よりご冥福をお祈りします。




16_02_05






ブログランキングに参加中!
にほんブログ村 イラストブログ 描き方・技法へ

オフィシャルサイト:「MONSTER'S ART」
モンスターズアート、イラスト