以前このブログで告知させて頂いた、「ファイナルファンタジーXIV」において、ゲーム内に登場するラスボスのデザインを我が師であります、雨宮監督が担当。
その後、そのデザインのリファイン&三面図の製作を僕が担当させて頂いた『ファイナルファンタジーXIV:紅蓮のリベレーター

その数多くのイラストやデザイン画を網羅した公式画集が遂に発売となりました!!!

その名も、『FINAL FANTASY XIV:STORMBLOOD Art of the Revolution - Western Memories -


18_02_17_ファイナルファンタジーXIV


表紙からして高級感が漂っております!

SQUARE ENIX様のご好意により、いち早く拝見させて頂いたのですが、PATCH4.1までに生み出されたイメージアートやキャラクター設定画など、総数約800点のアートが公開されている上に、「『FFXIV』の衣装デザインが出来上がるまで」の貴重な特別解説も掲載されておりますので、見応えは確実に価格以上の物となっております!!!


初めてファイナルファンタジーのアートブックを手にしたのは、確か中学生の時でした。
当時の僕には、天野喜孝さんのタッチがとても刺激的というか、あの模写ですら真似のできない謎めいたタッチに心惹かれたのを今でも覚えています。

その後も、ファイナルファンタジーのアートブックは勉強のために購入しては、その世界観に興奮しながら食い入るように拝見しておりましたが、まさか自分が描いたデザイン画がこのように掲載して頂けるとは夢にも思いませんでした!

今回、掲載して頂いたリファイン&三面図のキャラクターは「人馬王ロフォカレ」と「冷血剣アルガス」になります。


「人馬王ロフォカレ」

17_10_12_01_ファイナルファンタジー


雨宮監督のデザイン画も当然掲載されておりますので、初見はあまり僕の三面図と差異が分からないかもしれませんが、細かい部分はかなり変更(恐れ多くも勝手に…)しておりますので、そんな変更点なども見比べながら楽しんで頂けたらなと思います!


「人馬王ロフォカレ:側面図」

17_10_12_03_ファイナルファンタジー


こんな素晴らしい作家様達と作品が並ぶと、やはり自分の技量の無さが浮き彫りになってしまいますね…。

精進、精進…。

とにかく、見応え十分の上にこの価格での発売は贅沢過ぎるの一言です!!!
ファイナルファンタジーファンの方は当然ですが、キャラクターデザインを志す方にも是非とも見て頂き(僕以外の作品を)、眠っていたインスピレーションを目覚めさせてくれること間違いなしの一冊です!!


SQUARE ENIX:公式サイト
SQUARE ENIX
SQUARE ENIX e-STORE


クラウド 雨宮慶太:公式サイト
CROWD
スポンサーサイト




この作品も、説明不要かと思われますが、体のサイズを自由自在に変化させるヒーロー『アントマン』!

その続編『アントマン・アンド・ザ・ワスプ 「 Ant-Man and the Wasp」』の予告編が解禁されました!





ストーリーは『キャプテン・アメリカ/シビル・ウォー』の活躍後からスタートするようですね。

公開前から既に様々な憶測が語られてきた本作ですが、やはりホープが特殊スーツを身につけワスプとなり活躍するようですね。

アベンジャーズの一連の行動に疑問も持ち、チーム「リベンジャーズ」の創設者でもある彼女だけに今後の展開に目が離せない一作になるのではないかと思います。

ホープの母親役には、ミシェル・ファイファーが出演することも発表されており、ハンク・ピム博士もご健在で、キャスティングも一昨目からほぼ変更もないようなので、安堵して観れるのではないかと思います!

既に焦る気持ちが先走り、今作が今後のマーベル作品の、どの部分に付箋を置くのかも気になる今日この頃です。



 もう説明不要のシリーズかと思われますが、ホラー好きな方なら一度は視聴しているかと思われる、言わずと知れた「ヘルレイザー」シリーズ。

遂に、10作目となる「ヘルレイザー:ジャッジメント」のトレーラーが解禁されました。





このシリーズ、次こそはと期待しては裏切られの連続…。
最終的にはダグ・ブラッドレイ演じるピンヘッドを観るために視聴していたといっても過言ではなかったのですが、新作が出る度に出演のカット数も減り、もう9作目からはダグ・ブラッドレイすらピンヘッドを演じることがなくなりました…。


18_01_29_02_ヘルレイザー:ジャッジメント



幼少期に1作目を視聴した時の興奮と驚き、その映像の出来栄えは未だに語り継がれ、僕も含め様々なクリエーターに影響を与えたことは言うまでもない作品なだけに、少しでも良いから初心に戻ってくれたらたなと思うのが本音なところ。

ですが、予告編を観る限り元祖の踏襲は無に感じますね…。
新たなセノバイトにも期待は出来そうにないようで、どちらかと言えば、悪魔のいけにえの雰囲気が入ってしまっている気もしないではないです…。

まだ未見なため、最終の評価は出来ませんが、素敵な食材も、調理人が変われば味も変わるのだなと実感する今日この頃です。


話は変わり、その昔NECAから発売された我が家のピンヘッド。
このフィギュアが発表された時は、本当に興奮したのを覚えています。


18_01_29_01_ヘルレイザー:ジャッジメント



何故なら、本当はマクファーレントイズムービーマニアックスからピンヘッドが発売される予定で、下記の画像の原型までも発表されていたため、それだけのためにムービーマニアックス全シリーズをコンプリートしていたと言っても過言ではなく、部屋はムービーマニアックスで埋め尽くされていた時期もあるくらい、この発売を待ちに待っておりました。


18_01_29_03_ヘルレイザー:ジャッジメント



ですが、ライセンス等の問題からムービーマニアックスからピンヘッドが発売中止とのこと…。
なっ、なんのためにコンプリートしてきたのかと、天を見上げ数日白くなっていたことが昨日のことかのように思い起こされます。

そんなこんなで、このピンヘッドを製作した原型師の方をNECAマクファーレンからヘッドハンティングしてまで、遂に発売されたのが我が家のピンヘッドというわけなのですが、NECAの仕上がりも素晴らしいのですが、やはりあのムービーマニアックスシリーズの出来栄えは、今のNECAでも追い越せていない部分もあるので、ムービーマニアックスからのピンヘッドを一度で良いから見てみたかったなと、未だに後ろ髪を引かれる思いが続いております…。

この思いを払拭するべく、ホットトイズからホラーシリーズなんか出してくれないかな?
でも、シリーズ化なんかされた日には、破産するか…。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。